2009年3月15日

テキサンズのFA選手動向

ここ最近の動き。
RFAの DE Earl Cochran へのオファーを撤回し、リリースしました。
一時はミニマム額の$1.01でRFA引き止めを提示していたテキサンズですが、前ARIの Antonio Smith と契約後に撤回。
1年契約の再オファーは出したとされていますが、結局は両者折り合いがつかず、放出の運びとなりました。
放出のタイミングから、Smith を万が一獲得できなかった場合の保険として Cochran を考えていたのでしょう。
DEもDTも出来る選手で、常に全力投球のプレースタイルから個人的には結構好きな選手でしたが、これもビジネス上の決定などでいた仕方のないところでしょうか。
Cochran としては、昨季折角の先発の試合でシーズンエンドの怪我を負ってしまったことが何とも悔やまれることでしょう。
Cochran 放出によって、DLのデプスが薄くなったテキサンズ。GBの DE Mike Montgomery と接触しているとの報道がされています。

一方で、S Nick Ferguson とは再契約をしました。テキサンズ Safety 陣はこれで、Ferguson と E.Wilson、D.Barber、B.Harrison になります。
今年10年目の Ferguson は11月には35歳になる大ベテランですが、昨季も十分な活躍をした選手で、今年もその経験から若手を引っ張るような存在になってくれることが期待されます。

最後に、RB Chris Brown。昨オフにテキサンズに入団するも、背中の怪我により一年を棒にふり、今年は放出確実と思われてた Brown ですが、怪我が完治してフィールドに戻れる状態にあると一部で報道されています。
Slaton のバックアップ補強が急務なテキサンズ。Brown が健康にプレイできれば、嬉しい誤算になります。







3 件のコメント:

クロポトキン さんのコメント...

一番気になるのはC.Brownの回復具合ですね。TEN時代のような輝きを取り戻せれば、Slatonといいデュオになると思いますが、個人的にはポジションがポジションだけに復活が期待しにくいように思います。

保険的な意味合いも含め、ドラフトでRBの指名はあると思いますが、Brownにとって正念場ですね。

Cochranは残念ですね。Kollarのフィロソフィとも合う選手だと思っていただけに意外な感じはします。Montgomeryとの契約話も聞こえてきませんし、こっちもドラフトで狙っている気がします。

To do さんのコメント...

To doです。
私もCochanの放出は意外でした。RFAの中でも優先順位の高い選手と思っていたのですが、Smithとの契約と年齢、去年の怪我が影響したのでしょうか。
個人的にはC. Brownには期待しているのですが、元来怪我がちですし、本当に大丈夫なのか不安点も多いですね。D3 or 4位あたりでの補強となるのでしょうか。
Fergusonとの再契約は良かったですが、それでもやはり今一感は否めません。ドラフト高位(個人的には2巡あたりかと)指名なのではないでしょうか。
さすがにもうそろそろ動きはなくなってきました。ドラフト指名選手の評価も今後そんなには変らないでしょうから、じっくりと評価してみたいです。

texamaniac さんのコメント...

暫く更新が滞っていました。
Cochranは私も意外でした。怪我の影響、あったかもしれませんね。
デプスという点でRBとSの補強は必須と思います。