2009年3月7日

C.C.放出

テキサンズのUFA、C.C. Brown(SS) のNYG入りが決まりました。
05年の6巡目指名でテキサンズ入りした Brown は、ルーキーイヤーから先発に定着し、昨季怪我で13試合欠場するまで4年間、テキサンズでスターターを務めてきました。
NYGの Safety 陣は、Michael Johnson と二年目の Kenny Philips が先発に入るもようで、Brown はデプス上3番手。スペシャルチームでの出番が多そうですが、オフの仕上がり次第ではスタメン争いに加わるかもしれないと報道されています。
新天地での活躍をお祈りしたいと思います。

● C.C. Brown のテキサンズでの成績

Games(先発)
TCK(Solo)
SCK
FF
FUMR
INT
TD
50(47)
254(195)
1.0
3
0
3
0

3 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
CCはTexansのために頑張ってきた選手です。ランディフェンスはまずまずだと思いますが、正直カバー能力が今一で、WRやTEをマークしなければいけない状況になると、結構やられていたように思います。個人的にはここがTexansディフェンスの大きな穴と思っているのですが(パスランともに)・・・Sの補強に関する話はほとんど出てきません。Barberで大丈夫なのか心配なのですが・・・今年のドラフトは不作みたいですし、Texamaniac様はどう思われますか?

クロポトキン さんのコメント...

長らく先発していましたが、その理由はどちらかというと消極的な理由が多かったように思います。Colemanが抜けたり、上位で指名できなかったり。ここ数年のパスD#の成績はBrownの責任は大きかったと思います。そういえばテキサンズがドラフト指名した選手はすべて2日目ですね。

Barberはスピードこそありませんが、ランサポートもよさそうだし、ブリッツも上手でなんとなく勘の良い選手という印象があります。

一方でまだ、フリーだったらSharperやWilliamsといったビッグプレイが可能な選手を視野に入れるのも手だと思います。

texamaniac さんのコメント...

Safety はもっとも層の薄いポジションの一つですよね。ドラフトになるか、FAか、場合によってはトレードも?いずれにせよ、オフでの補強は必須だと思います。