2009年3月6日

FA一段落

大物選手の行き先があらかた決まり、FA市場もひとまず落ち着いたかに見えましたが、ここにきてDALがT.O.をリリース。
この諸刃の剣に、どのチームが獲得の名乗りを挙げるかに一気に注目が集まっています。
そんな中、我がテキサンズは獲得確実かと思われた Cedric Benson との合意にいたらず、ここ数日は比較的大人しい日々を送っています。
Benson は2年$7Mで古巣のCINに残留が決定。
バックアップRBにそこまでの大金は出せないというのがテキサンズの決断です。
それもそのはず、先発の Slaton でさえ、今はわずか4年$2.37Mという契約になっています。
依然FAマーケットに出ているRBは Dominic Rhodes、Aaron Stecker や Ruben Droughns という面々。
あまり魅力的ではないので、ドラフトの意外と早目のラウンドで、RBの獲得があるかもしれません。

そのほか、DENの提示額にマッチして、D.Anderson の引き止めに成功。
そして、恐らく契約にはいたらないと思われますが、DALのUFA、LB Kevin Burnett と接触しました。



2 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
Bensonの7M/2yは2nd. RBということを考えると高すぎです。契約を見送って正解と思います。
AndersonはJohnson, Walter, Davisとは違ったタイプのWRで、出場機会は多くないでしょうが面白い選手だと思います。NEのWelkerみたいなサイズはないけどマークを振り切れる、RACが望める選手で、NEからコーチを招聘したDENが欲しがったのも納得です。彼の出場機会が多くなる4WR, ノーバックみたいな戦術をもっと多用しても良いように思いますが。

texamaniac さんのコメント...

Anderson、ちょっと高いかなとも思いますが、プレー時間は限られても貴重な戦力だと思います。確かにもうちょっと活躍のチャンスをあげれば、大化けしそうな雰囲気がある選手ですね。