2015年11月16日

2015年シーズン後半

早いもので今季も半分消化。
今年のテキサンズはシーズン前から強いのか弱いのかが個人的には今ひとつ掴めず。
11勝でも5勝でも不思議ではないかなと思っていましたが。
前半を終えてみると残念ながらどうも後者のようで、目下3-5と負け越し中。
その負けも、試合序盤で40点差以上の大差をつけられての完敗もあれば(しかも2回も)、体調不良のリーグ最年長QBへの敗戦というのもあり、とても苦しいチーム状況にあると言えます。
それでもまだ首位INDから0.5ゲーム差と地区優勝に絡むポジションにあり、何とも不思議なシーズンです。
客観的にみていまのチーム力からプレーオフ進出はかなり厳しいだろうとは思いつつ、昨年もシーズン後半で勝ち越した経緯もあり。
この Bye Week を経て一皮むけて、後半盛り返してくれるのではという淡い期待をファンとしては抱いてしまうものです。
そのためにも後半、改善が必要な(と個人的に感じる)ポイントを何点か。


  • OLの安定
    前半は怪我が続出したのは仕方ないものの、C Jones を除き先発の組み合わせ、各ポジションとも安定せず。
    特に Foster 不在の中、ランを少しでも出すにはOLの安定と頑張りがもっと必要。
  • Watt 以外からのパスラッシュ
    JDが不在の間、Mercilus が結果を残してくれたが単発止まり。
    これを続ける必要があるのと、RAC のプレーコールにももっと工夫がみたい。
    あと折角のパスラッシュも、CB陣がWRとの間に大幅なクッションを開けていると威力も半減。スピード不足を補完しようという意図もあるのだろうが、もっとプレス気味に当たりたい。
  • McKinney の飛躍 or Mike Mohamed のカムバック
    改善する気配が見られずイライラするのが、相手TEを抑えられないのと、スクリーンプレーに対処できない守備陣。
    絶対的にLB陣のスピードが欠けている。Cushing の若返りはもはや望めないので、一番の若手の飛躍もしくは、揉めて退団した Mohamed あたりが帰ってきてくれないか...。

ほかにもありそうですが、パッと思いつくのは上記あたり。
この3点だけでも良くなればまだ闘えると思うのですが、ちょっと厳しいかもしれませんね。
走り勝って時計をコントロールし、序盤でリードを奪い、相手に投げさせる。
そこをパスラッシュで仕留めるないしミスを誘発する、というのが誰から見てもわかり易いテキサンズの理想的試合展開ですが、それを実践できないというのが今のチーム。
わかっていても止められないというレベルでフィールド上で実践しないことには、後半戦も負けがかさむでしょうが、早速休み明けMNFでは何と全勝のCINとの対戦という大試練が待ち構えます。
ここでの勝敗のみならず、試合内容で後半も何となく見通せるような気がします。


2015年10月8日

TNF!!!

さあやってきましたWK5!
しかもいつもよりちょっと早くThursday Night!
そしてそして早くも崖っぷちテキサンズにとってシーズンの正念場...。
TBに白星をあげてホッとしたのも束の間、ATLに一時7TD差をつけられる歴史的な大敗で一気に闇の中に逆戻り。
まだシーズン序盤で、弱い地区に助けられている部分もあり。
WK5黒星でも数字的にはまだまだ望みが絶たれるわけではないものの、ここで負けたら恐らく立て直すのは難しいであろう。

ここまでの戦いっぷりをみて、選手たちも冴えないが個人的にはOBはじめコーチ陣の責任が重いように感じる。
オフェンスではQBとWRが連携取れておらず、明らかに違うルート取りをしている場面がやたらと目につく。
ランゲームでも、バックサイドのブロックが弱くてカットバックレーンが作れず、TFLを喰らう場面も目立つ。
そして守備側。覚悟していた通りにオフェンスが弱い中で、チームの強みであるはずの守備でのミス連発はかなり痛い。
毎週のようにどフリーでビッグゲインを許していて、明らかに誰かがアサインメントミスをしている。
甚だ遺憾ながら思い出したくもない Frank Bush 時代がふとよぎったりする。
攻守ともにプレーブックはかなり難解だという話をよく耳にするが。
それが事実であるとすれば、ゲームプランやプレーコールを少しシンプルにするような工夫も必要なのではないかと思う。
特に今週は Washington と Shorts III の両ベテランが欠場決定しており、WR2、3枚目は新人二人に頼らざるを得ない状況で、さらなる混乱がおきないかが心配になる。

ついでながら、タレント評価も今年は問題ありと言わざるを得ない。(ここは GM Smith の責任も重いだろうが)
開幕前より、素人目にも明らかだったOLとSafetyポジションに十分な補強がされず、能力、デプスともに不足。
QBもオフシーズンずっとみてきたはずなのに、1試合ともたず交代。
加えて、スペシャルチームも未だに良くなる気配が全くなし。

昨季の成績をみても、OBは良いコーチだとは思うが。
こういう追いつめられた状態から選手をうまくモチベートして、流れを作り上げることができるか。
就任以来一番のチャレンジに差し掛かっているように思う。
まずは数時間後に迫ったIND戦。
向こうも手負いだし、こちらはホームの利もある。
復帰2戦目の Foster の大爆発で大勝利。これでいこう。



2015年9月19日

WK1黒星

忙しい一週間でした。
ロースターに動きあり、Mallett の先発昇格あり、Ryan Griffin の一時IR入りあり、Duane Brown の怪我悪化ニュースあり...。
この状態でWK2大丈夫なのだろうかという心配がどうしても起きてしまいますが。
考えてみればこの嫌な感触。
ここしばらくはWK1で負けてなかったのが影響しているかもしれません。
ということで、ここ10年間のWK1結果を復習。
前回負けたのは2009年のNYJ戦でした。
対するJetsはドラ1巡指名の Mark Sanchez のデビュー戦。
新人QB相手にホームでまさかの黒星を喫し、引退した Chris Myers が Kris Jenkins に片手で吹っ飛ばされた試合でもあります。

こんな苦い開幕でしたが、09シーズンも結果的にはフランチャイズ初の勝ち越しシーズンに。
残念ながらプレーオフは逃しましたが、9-7という戦績で終えました。
さて果たして今年はどうなることか。
次戦CAR相手にもっとチーム状態がわかるだろうと思います。



2015 vs KC L 27-20 0-1
2014 vs WAS W 6-17 9-7
2013 @ SD W 31-28 2-14
2012 vs MIA W 10-30 12-4
2011 vs IND W 7-34 10-6
2010 vs IND W 24-34 6-10
2009 vs NYJ L 7-24 9-7
2008 @ PIT L 17-38 8-8
2007 vs KC W 3-20 8-8
2006vs PHIL 10-246-10

2015年9月15日

WK1 結果 vs KC

いや、なんだろう。このまったくもってひどい試合は。
世の中リセットボタンはないものか・・・。
KCが手ごわい相手であることは間違いなく、正直戦前予想も勝ち負け半々かなあと思っていましたが。
それでも開幕ホームの勢いを借り勝ってくれるだろうという淡い期待を抱いていましたが。
Wilfork のオフサイド(誤審との話もあるが)と Hoyer のピックにはじまり、実に惨憺たる結果でした。
攻・守・スペシャルチーム、そしてコーチ陣とすべておいて力負けの完敗。
最後の追い上げも空しく、点差以上の開きを感じた試合でした。
OB二年目波乱の幕開け。
まあでも下ばかり向いていても仕方がない。

お寒い試合の中でも良かった点を上げ連ねて、明日への糧としよう。

●Wattは相変わらずWatt
KCのオフェンスプランはよくできていて、ドローやらスクリーンやら素早いリリースのクイックなパスやらを多用していたのは明らかか。
恐らくは入れ替えはげしいOLの負担を減らし、Wattのインパクトを最小限に抑えようという試み。
これにまんまとはまり、わかってはいてもJamaal Charlesを止められず、という不甲斐さも相まって特に前半はいいように守備陣がやられてしまいましたが。
それでもWatt自身は9TCK、2SCK、自己タイの6TFLと孤軍奮闘の戦い。
プレシーズン全休もなんのその。
#99は本当にすごい。”生で”この凄さを観戦できるのがすごいことなのではと改めて感じる。今年こそMVP。

●動けてるぞClowney
昨年のドラ全体1位指名Clowney。
Microfractureと聞いたときはお先真っ暗かと思いましたが。なかなかどうして。
医療技術の進歩が目覚しいのか、Clowneyの化け物っぷりと若さからか。
思った以上にスナップカウント稼げてたし、飛び出しの爆発力もかなりのものを感じた。
これが試合勘を取り戻し、膝も万全に復調したときはどうなることか。
まだまだ荒削りで安定した貢献までは時間がかかるだろうとは思いつつも、考えてみれば一年目を怪我でほぼ棒に降り、忘れがちだけど大学時代とは違うOLBというポジションも習っているところ。
シーズン中盤から終盤にかけ、かなり楽しみになってきた。

●冷や汗ものだけど大事に至らず
親指の怪我に悩まされているDuane Brown。
KCの超絶パスラッシュを頑張って抑えてくれたがカットブロックをくらってひやっとする瞬間が。
しかもくらわしたのはAlfred Blue。
どうやら大したことはないようで、ひとまず一安心。

●IND負けた
我々だけが大ゴケしたのではないのがせめてもの救い。
ちろんTENの勝利は気に食わんが、Mariota君が調子に乗っていられるのもWattと対峙するまでだろう。

あとは何と言ってもNFLがついに開幕したのが何よりですな。
出だしコケたがまだまだこれから。
また月曜寝不足の生活が始まります。

2014年5月14日

親愛なるAndreへ

親愛なるAndreへ

メディアを騒がせている君の発言をみて驚いた。

いや、ハートブレイキングだったという方が正しいか。
チームプレイヤーに徹し、いかなる時も不平不満を言葉には出さなかった君が、公の場で今回の発言をしたというだけで大事だ。
ボランタリーとは言え、新HC体制での初練習に欠席したときから少し気にはなっていたんだ。
何せ特別な理由なく練習を休むこと自体ないことだから。
それだけ色々溜まっていたのが爆発してしまったのだろう。
無理もないし、誰も君を責められない。
自分は一ファンに過ぎないし、所詮週に一回のゲームを観戦するだけの立場で、本当のところ選手のことなど何も分かっていないのだろう。
それでもフィールド上の姿からだけでも、いかに君がチームのため、勝利のために常に心身を捧げているかは感じられる。
それだけに今の状況には心痛むものがあるし、多大なる貢献を果たしてきた君を、何としても最後の大舞台に立たせてあげたいと強く思う。
でも。
強豪への移籍か…。
そう願うのであれば、これまでの貢献への感謝として心良く送り出してあげるべきなのだろうけど。
やっぱりそれはできそうもない。
スーパーボウルには出て欲しい。ここで。HOUで。
観たいのはテキサンズの一員としてのNo.80の戴冠だ。
まだ時間はある。Andreがいればできる。
そう信じてる。


以上、お手紙風女々しい心の叫び。

2014年5月12日

2014ドラ4-7巡指名

そして新人QBが決まりました。
PIT大の Tom Savage。
サイズあり、サックを食らい続けても立ち上がるメンタル/フィジカルの強さあり。
じっくり育てあげるには適任のQBと言えるかもしれません。


そしてそれ以外のピックでは、DE Pagan を挟み、RBデプスとして Blue を、そしてそのRB陣のリードブロッカーとなる FB Prosch を指名。
最終7巡では、CB Hal と S Ballentine で仕上げ、全10人の新人決定となりました。
総括すると、フィジカルに強いとされる選手が多く、攻守それぞれDL/OLからしっかりと主導権を握れるチームを作ろうという O'Brien の描いていた戦略が何となく見えてきたような気がします。
チームの力は何と言ってもタレント豊富な破壊的ディフェンス力。
昨年覇者のSEAを見ても、同地区の Luck 封じという点でも、ここはトッププライオリティだったと思います。
攻撃でも、OG Su'a-Filo、ブロッキングTE Fiedorowicz、FB Prosch を指名し、スクリメージでの争いで負けない強さを手に、まずはしっかりランでオフェンスを組み立てる、という図でしょうか。
大崩れはしない守備と合わせ、ラン主体でゲームをコントロールできれば、モノにできる試合も増えるはずで、QBにかかる負担も大幅に減らせるのではないかと思います。
思えば、昨年1位指名であった KC も、強力守備に引っ張られ、QB Smith がうまくゲームマネージして躍進していたように思えます。
まあこの読みが当たっているかどうかは別として、世間がQB、QBとはやし立てる中、着実にバリューのある指名を重ね、恐らくは当初プランに沿ったドラフトが展開できたであろう O'Brien には、初HCとは思えない冷静さと計画性を感じます。
まだ実戦にならないとというところあれども、今オフ最大の補強はやはりこのHC O'Brien 自身にあるかもしれません。

R4P35(全体135) QB Tom Savage
R6P1(全体177) DE Jeoffrey Pagan
R6P5(全体181) RB Alfred Blue
R6P35(全体211) FB Jay Prosch
R7P1(全体216) CB Andre Hal
R7P41(全体256) S Lonnie Ballentine

ドラフト外新人FAでの獲得選手はこちら :
http://www.battleredblog.com/2014/5/11/5706956/2014-houston-texans-undrafted-free-agent-signings-nineteen-players
※層の薄いLBを中心に、OT、DTに加え、Rice大出身の K Boswell も獲得。Fat Randy もピンチか.. 


2014年5月10日

2014ドラ2-3巡指名

ドラフト二日目が終了しました。
予想を裏切り、この時点で未だテキサンズはQBの指名なし。
ただし指名した選手はいずれも即戦力として期待できそうなプレイヤーばかりで、この二日で確実に戦力は大幅アップしている印象があります。

R2P1(全体33位) OG Xavier Su'a-Filo
今ドラフトのトップOG。
Wade Smith の抜けたLGの穴埋めとして、開幕戦から先発が有力でしょう。
Tackle もこなせる点もまた魅力。

R3P1(全体65位) TE C.J. Fiedorowicz
3巡トップ指名は個人的に完全予想外のTE。
TE自体の補強は問題ないものの、この位置で!?という思いがあったものの、調べるにつれだいぶ好感がもてるようになりました。
Fiedorowicz は Blocking TE としては今ドラフト一と言われる選手。
6'5" 265というガタイを活かし、"Y"タイプのTEとして大化けしそうな気配もあり。
Graham とまた違うタイプで、オフェンスの幅がぐっと広がりそうです。

R3P19(全体83位) NT Louis Nix
4巡、5巡を手放しトレードアップしての指名はこれまでのテキサンズでは珍しい巨漢NT。
33位指名でもありだと思われていた1巡レベルのタレントで、この位置で獲れたのは素晴らしいの一言。
Watt、J.D. との組み合わせが今から楽しみです。

ドラフト二日間を終え、OLとDLはほぼ固まったかと。
本日指名選手も、ちょっと強引な見方かもしれませんが、タイプ的には順に Logan Mankins、Gronk、Vince Wilfork と何ともNE色が感じられるような気も。
いずれも O'Brien 好みの選手たちで、恐らくはなからフロント陣はこのようなドラフト戦略を立てていたのでしょう。
あとは最大の難問であるQBをどうするか。
4巡まで誰か残っているか、噂されるNEとのトレードで Mallet か。
とことんNE流に、6巡で Brady なみの大発掘があれば。なんて。。
最終日、指名権は6つ。
ほかデプス補強含め、まだまだ目が離せません。