2009年3月24日

DTデプス

Antonio Smith、Dan Orlovsky に次ぐ3人目のFA補強がありました。
前DETの DT Shaun Cody を3年契約で獲得です。
Cody は05年のドラフト2巡目、全体37位指名でDET入り。しかし、未だ指名順に見合う活躍は見せられていないというのが正直なところです。
昨季も16試合に出場したものの、先発はわずか4試合。DLコーチとしては一流の Rod Marinelli 体制下でバックアップ選手だったことを考えると、テキサンズで即活躍できるかというと疑問符がつきます。
テキサンズDLの弱点であるパスラッシュも、キャリア通算サック数が4年で1.5SCKとまったく期待できず。
それでも、サイズだけとると6-4、310で Cody は Frank Okam に次ぐ巨体。オフでのアピールいかんでは、十分に先発争いに食い込めるかもしれません。
DLデプスに厚みが加わったことで、ドラフトでの指名戦略もまた幅が広がるはずです。
1巡目はおそらくOLB・・・かな?




3 件のコメント:

クロポトキン さんのコメント...

この補強はすごく大きいと思います。サラリーもバックアップのそれですし、同タイプかつ同じような境遇のTravisと競わせることができます。また、DTは芽が出るまである程度時間がかかる場合があるのでそろそろブレイクするのではないかと。個人的にはTravisからスターターを奪うと予想しています。もちろんこの年齢でDETが再契約しなかったということで過度な期待は禁物でしょうけど。Kollarおじさんに期待。そういえば昔、コラおじさんていましたね。

1巡はUSCの両アウトサイドのLB予想が多いですね。特にBruceがスタッフに加わってからMatthews予想が増えていますね。

To do さんのコメント...

To doです。
Houston Chronicleのblogや書き込みをみていると、T. Johnsonの評価が異常に低く、放出+D1でDT指名という意見の人が多い事に非常に驚きました。確かに彼の働きは良くなく、D1に見合うものではないと思いますが、流石にまたDLにD1は使えないよなと思っていたところでしたので、Codyとの契約を聞いて一安心です。クロポトキン様と同様、結構やるんじゃないかと期待しています。確かに先発数が少ないのですが、一昨年まではCLEに移籍した化け物の控えだったわけだし(じゃあ昨年は何なんだという話もありますが)、サイズもあって、Okoyeの負担を減らすという意味では最適に近いのではないでしょうか(そして何と言っても安そうですし)。
D1はMatthews or CushingのUSC OLBコンビのどちらかという予想が多くなってきました。コンバインの内容も良かったし、3つ4つトレードダウンして、それでも獲得出来そうなMatthewsという線はないかなーと思っています。

texamaniac さんのコメント...

トレードダウン、私も賛成です。一部mockドラフトで、一巡でRBやWRをあげているところまでありましたが。さすがにそれはないよな…と思います。(が何があるかわからないのがドラフトですが)