2009年2月28日

いよいよ解禁!

FA市場が解禁となりました。
A.Haynesworth(DT/前TEN) のWAS移籍、B.Scott(LB/前BAL) のNYJ移籍等のビッグニュースが早くも聞かれる中、テキサンズは大方の予想通り、初日はFAでの大きな動きを見せませんでした。
一方で、これまた予想通り(予定通り?)、Sage のトレードが正式に決定しました。
引き換えに、獲得したのはMIN4巡指名権。今年のドラフトは例年よりも柔軟に指名戦略が立てられそうです。

FAでテキサンズが獲得に動くと思われているのが、DENの Patrick Ramsey(QB) とARIの Antonio Smith(DE) です。
特に Smith はLDEでプレーができる伸び盛りの選手。金額的な折り合いがつけば是非とも獲得したい人材です。
が、獲得競争は激しそうです。
また、あまり大金を積み過ぎると、フランチャイズタグを張られた Dunta や、契約に関して珍しく公に不満を露わにした DeMeco など、スター選手達のモチベーションダウンに繋がりかねず、判断は難しいところです。

予想外だったのは、テキサンズのRFAである David Anderson(WR) にDENから3年$4.5Mのオファーシートが届いたこと。
テキサンズはDENの提示額にマッチすることができますが、一週間の間にマッチしなかった場合は7巡指名権と引き換えに Anderson を失うことになります。
層の厚いWR陣で活躍の場が多くないとはいえ、Anderson は貴重な戦力で、デプス的にも重要な選手です。
出来れば流出は避けたいところです。

3 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
例年のごとく、Texansが初日に大きな動きを見せることはなかったですね。Smithはありなんじゃないでしょうか。コンバインで実績のあるDE陣はみんな今一でしたし・・・
Andersonは困りましたね。4番手WRに4.5M/3yはちょっと高すぎでしょう。だからといって7巡はあまりにも・・・Minimum tenderだったんですね。Middleにしておけば良かったのにとも思います。結果論ですが。

クロポトキン さんのコメント...

Andersonのミニマムは確かに納得いかないですね。マッチしなければただ同然ですよ。まだまだこれから伸びる選手だと思うし、NEのWelkerみたいになるんじゃないかと思うんですけど。

Ramseyはバックアップとしてうってつけじゃないでしょうか。もともと狙っていた選手だし、ある程度計算できると思います。

texamaniac さんのコメント...

テキサンズは難しい判断を迫られますね。Andre Davis や Jacoby Jones は Anderson と違って、フィールドの中央で身体をはるタフさがないので。
Ramsey はバックアップとして良いと思いますが、昨季肘の怪我があったのだけがちょっと心配です。