2008年12月11日

第二WR

Lambeau Field での414Yds、2TDの活躍をもって、Schaub がQBとしてテキサンズフランチャイズ史上初の AFC Offensive Player of the Week に選ばれました。
前週には、RB Slaton がPOYに選ばれたばかりで、2週続けてテキサンズオフェンスからの受賞となりました。
GB戦での Schaub のメインターゲットはAJではなく、Kevin Walter。
6Recで146Ydsと今季初の3桁Ydsレシービングを記録、貴重な1TDを挙げました。
今季これでTDは8つと、テキサンズレシーバー陣最多。どころか、あの Randy Moss と並ぶリーグ5位の好成績です。
トータルYdsもすでに自己最多の851Yds。
残り3試合で50Ydsずつ記録すれば、テキサンズ初の1000Ydsレシーバーコンビが誕生します。
無名に近かったレシーバーが、ここにきてリーグ屈指の好WRに!TE Daniels の存在もあり、ディフェンスはAJだけをマークするわけにはいかない状態になってきました。

テキサンズに来てからの Walter の個人成績

Year
G
Rec
Yds
Avg
Yds/G
Lng
TD
20+
40+
1st
Fum
2008
13
55
851
15.5
65.5
61
8
14
4
36
0
2007
16
65
800
12.3
50.0
46
4
8
2
43
0
2006
16
17
160
9.4
10.0
15
0
0
0
12
1


4 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
まずはSchaubのPOW、良かったです。先週のSlatonもAJ以来のPOWで、今週もTexansのplayerですから攻撃陣の充実が全米に知れ渡ったと言うところでしょうか。
Walterは昨年に比べ最も成長した選手ではないでしょうか。(私は昨年まではあまり評価もしていませんでした。良い意味で期待を裏切られました)とにかくキャッチの精度が上がり、ドロップが少ないです。また前を向いてプレー出来るようになり、RACが良く出るようになりました。Texamaniac様の仰るようにDanielsもpro bowl級の活躍ですし、快速のDavis、Andersonまでいるのですから、相手チームにとってはやっかいだと思います。このままの調子で言って欲しいところです。

クロポトキン さんのコメント...

オフェンスリーグ第3位という成績が示すとおり、メンツが揃ったときは充実していますね。特にレシーバーは4番手くらいでも十分勝負できる層の厚さですね。AJがダブルカバーで抑えられたとしてもまったく焦る必要がないです。

Walterは本当に信頼できるレシーバーで怪我もしないし、計算できる選手になりましたね。そのレシーバー陣を従えて@GB、特に後半でSchaubは余裕を持ってプレイしていたように思います。

あと3試合、Walterは1000y、AJはリーディングレシーバー、Danielsはプロボウル目指して頑張ってほしいですね。

クロポトキン さんのコメント...

オフェンスリーグ第3位という成績が示すとおり、メンツが揃ったときは充実していますね。特にレシーバーは4番手くらいでも十分勝負できる層の厚さですね。AJがダブルカバーで抑えられたとしてもまったく焦る必要がないです。

Walterは本当に信頼できるレシーバーで怪我もしないし、計算できる選手になりましたね。そのレシーバー陣を従えて@GB、特に後半でSchaubは余裕を持ってプレイしていたように思います。

あと3試合、Walterは1000y、AJはリーディングレシーバー、Danielsはプロボウル目指して頑張ってほしいですね。

texamaniac さんのコメント...

いつもコメントありがとうございます。ここのところ公私ともに忙しくて(まさに師走…)お返事遅くなりました。すみません。もうファン投票は終わってしまいましたが、今年何人がハワイに行けるか密かに楽しみにしています。AJとMarioは確実!と思っていますが。