2008年10月3日

WK5 予想 vs IND

待ちに待ったホームオープナーです。
一時ハリケーンIKEからの回復具合が危ぶまれた本拠地リライアントスタジアムですが、屋根を開けてゲームを開催することで落ち着きました。
今のところ予報では当日の天気は晴れ。足元の心配はなさそうです。が、気になるのは気温。
Chron のブロガー TexansChick こと Stephanie 曰く、直射日光があたるとリライアント内の気温は8度くらいあがるとのこと。特に日曜は、テキサンズ側が濃い色の Steel Blue ジャージを着用するので、慣れたホームとは言えど暑さが心配です。
http://blogs.chron.com/texanschick/2008/09/houston_texans_steel_blue_sund_1.html

昨日、HOUとIND両チームのスタッツ比較を紹介しましたが、守備側を更に細く紐解くともう一つ共通点があります。
それは、特にテキサンズにしてみれば意外なことに、パスに対しては両チームとも安定した成績をおさめているということです。
一試合平均ヤードをみると、INDは141.0Ydsに抑えておりリーグ2位、かつ被パスTDはゼロ。テキサンズも、181.0Ydsでリーグ9位となっております(ただしパスTDは4つ献上)。
ですがこれは、両チームのパス守備が素晴らしいというわけではなく。
対戦したチームがラン偏重型のオフェンスであること、そして何より、両チームともランを止められていない(=パスを投げる必要ない)結果です。
INDにいたっては、一試合平均199.3Yds(リーグ31位)ものランを許しており、ただでさえ弱いラン守備に、スター Safety Bob Sanders の不在が更に痛手となっております。
テキサンズがつけ入る隙があるとすればここです。ラン、ラン、そしてラン!走れなければ勝ちはかなり難しくなるでしょう。
※どころか、今のIND相手に走れなければこの試合だけでなく、これからのシーズンも苦しい戦いが続いてしまいそうです。
INDと対するときの大鉄則ですが、ランでターンオーバーのリスクを減らしながらヤードを稼ぐとともに、最も重要なことは攻撃で時間を費やして Peyton Manning がフィールドに立つ時間を極力制限する必要があります。
Slaton と、今週バックアップでの復活濃厚な Green の活躍に期待です。
ちなみにWK3でJACは同じ作戦で辛勝しましたが、わずか18分!と抑えられながら、325yds、3TDもの攻撃を見せたあたり、本調子ではないとはいえINDオフェンスはやはり要注意です。(JAC守備が実は脆いという話もありますが)

ランが出ず、点の取り合いとなった場合。残念ながら分が悪いでしょう。
Peyton にはこれまで好き勝手やられており、今の守備の状態がこれまでより改善しているとは思えないからです。
対テキサンズとのその生涯成績、12試合で11勝1敗、3,292Yds、29TD、4INT、QB Rating はなんと脅威の120.0となっています。一番カモにしている相手が、悔しいかな我らがテキサンズなのです。
もちろん Peyton も人間なのでミスはしますし、この3戦調子が悪いのも事実ですが、今の(というかいつも)テキサンズに欠けているパスラッシュがなければ、これまで通り得点を量産されてしまうでしょう。
ちなみにWK3で Peyton は、「去年までは投げるのに3.5秒時間があったのが、今年は2秒しかない」、というようなコメントをしたとか。
Bye明けで怪我人の回復もあり、ゲームプランする十分な時間もあり、Mario だけ対応しておけば良いこともあり。
テキサンズが5秒くらいあげてしまうのではないかとかなり心配です・・・。

予想 : (LOSE) 35 IND - 24 HOU

守備の改善が見られるまで、IND相手に勝ちは予想できません。が、予想と違う結果になることを期待してます!ホームでのテキサンズは別チームですしね!

3 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
私も同感です。Slatonもですが、Greenの頑張りが鍵でしょう。彼にとっても今試合で活躍出来なければ、この先も期待薄でしょうし、正直首につながってくるでしょう。踏ん張り所です。
INDのパスオフェンスは昨年までの安定感がないと思います。昨年までは3rd. down 10だろうがそれ以上だろうがお構いなしでしたから、現在の3rd. down %は信じられないほど悪く見えます。おでこの調子も上がってきませんし、Harrisonにスピードと切れが無くなってきて、安定感まで今ひとつ。 つけいるなら今でしょうか。DB陣の調子が上がってこない状態ではDLのプレッシャーが便りになってきます。

クロポトキン さんのコメント...

今年のINDのOLは、Manningに十分な時間を与えているとは言えませんよね。まあそれでもManningなら何とかしてしまうと思いますが。DLがある程度追い詰めてくれないと厳しいです。あと、Clarkにはさんざんやられている(だけでなく一流TEにはことごとくヤードを稼がれてます)ので、この対策ができているか。C.C.Brownだけでなく、DempsもDoubtfulで出場微妙みたいなのでSは総入れ替えかもしれないです。これが吉と出てくれれば・・・。

オフェンスは、ランはまず出るはずですが、点差が多少離れててもラン中心で我慢できるかでしょうね。ハイスコアになれば勝ち目は少ないと思います。

そしてキーポイントのひとつはSTだと考えます。もしテキサンズが勝つとしたらリターンでよいポジションをとること、相手リターンをしっかりカバーし、キッキングゲームで圧倒することが重要だと思います。幸いK.Brownは絶好調で、特に試合が決まる場面でFGを外すことはまずありません。カバーチームがしっかり仕事をしてくれれば可能性は見えてきます。

何より市民も待ちに待ったであろうホームカミングですから、その後押しを受けて輝いてほしいです。

texamaniac さんのコメント...

BYEあけのINDは3連勝中、かつその間平均35点を荒稼ぎしているようです。テキサンズとしてはあまりありがたくない情報ですが。なんとか勝って記念すべき100試合目を飾って欲しいですね!