2008年9月19日

開幕ダッシュ

くどいくらいに波乱の開幕を強調していますが。
リーグで最も熾烈なディビジョン、AFC South のWK2後の成績は下記のようになっております。

● AFC South Standings
TEN 2-0
IND 1-1
HOU 0-1
JAC 0-2

単独首位。TEN、まさかのBダッシュ、いや、開幕ダッシュです。
実は Jeff Fisher 政権、いつもはスロースターターとして知られています。
開幕2連勝は、実に1999年以来のこと。99年、そう、13-3という成績を残し、スーパーボウルまで進出した年です。
2連勝以外に、当時のタイタンズとの共通性が一部で騒がれています。
それは、当時もディフェンス、特にランディフェンスが強力であったこと。そして、Eddie George を軸とした安定したラン攻撃があったこと。更には、正QB(当時は Steve McNair)が奇しくもWK1で怪我をして、WK2からはバックアップQBが先発にかわったという共通点まであります。

この勢いで、TENは今年チーム史上2度目のスーパーボウル出場!
…はありえないですね。
何故なら99年と違い、今年は我らがテキサンズが立ちはだかるからです!


2 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
Texans (and JAX)との対戦では強さを見せるTENですが、正直そんなに強いとは思えません。Texamaniac様の仰る通り、頭の悪いDT(今回の件ではかなり頭に来ています)が引っ張るランディフェンスはかなりの驚異ですが、QB, WRのスキルポジションを始めLB, DBにも穴が多いですし、注目のRB陣もきっと最初だけです(昨年も最初はかなり走っていました)。がっぷり四つで戦っても決して引けを取らないと思います。でもなぜか相性が悪いですよね・・・JAX, INDとの調子に乗り切れていないので、今週の結果次第では3連勝も、何て妄想しています。

texamaniac さんのコメント...

to doさん、そうなのですよね。デプスもさして深いわけではないですし、タレント的に差があるわけではないのですが。TENは、HOU戦に限らず、何だかわからないけど結果的に勝ってしまう、"win ugly"なゲームが多いように思います。Jeff Fisherの采配とチームをまとめる力を褒めるべきなのかもしれません。開幕2戦でのランオフェンス、そしてランディフェンスは脅威です。大抵この二つが揃えば良い成績をおさめられるのですが、プレイオフに進出できなかった例もありますしね!(昨年のMIN)
今季こそ苦手意識を払拭してほしいと思います。