2008年8月28日

怪我はつきものと言えども

今オフは特に怪我人が、それもビッグネームの離脱が目立ちます。
最近の大きなところでは、

- Osi Umenyiora(NYG/DE) 左膝半月板の損傷でIR入り
- Shawn Merriman(SD/OLB) 左膝靭帯の断裂(もっとも、選手生命を賭して今季強行出場するようですが)
- Jason Taylor(WAS/DE) 右膝捻挫で全治2週間(開幕には間に合う見込み)

そしていずれも軽症の見込みではありますが、QB陣もバタバタと倒れております。
Peyton Manning(IND)、Tom Brady(NE)、Trent Edwards(BUF)、Matt Hasselbeck(SEA)、Derek Anderson(CLE)等。

幸いテキサンズはまださほどでもないですが。去年のこともあるので今年は皆健康で一年頑張ってほしいと思います。

2 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
TexansもGreen, BrownのRBをはじめ、何人かが怪我をしていますが、先週のWilliamsを除きいずれも軽症ばかり。今のところ戦力的にはあまり影響を受けていないと思います。去年はひどかったですから、その分今年はみんな元気だと良いのですが。
怪我と言えばDunta。PUP入りしましたが、特に不満も漏らさず、練習を続けているようですね。それも結構回復してきているようで、一安心です。PUP明けすぐ復帰出来ると良いですね。

texamaniac さんのコメント...

スケジュールが厳しい最初の5週にDuntaがいないのは辛いところですが、なんとかしのいで後半戦良い形で迎えたいですね!まずは2勝で乗り切れれば及第点だと思います。