2008年8月30日

21人放出

土曜が期限のロースター53人枠調整に向け、テキサンズは早くも21人の選手を放出しました。
オフに話題だった Rosevelt Colvin もやはり放出。何もしないまま$1Mの保障金だけもらってチームを離れることになりました。ちょっと期待していただけに残念です。
このカットで、現在54人。残るはあと1人、ロースターをあける必要があります。
Chris Brown の放出、もしくはIR入りが濃厚と言われていますがはたしてどうなることでしょうか。
まだ他チームの放出選手を拾う可能性も十分ありますので、そこも要注目です!
なお、放出選手ですが、Practice Squad のメンバーとして戻ってくることも考えられます。

● 放出選手

Shane Boyd (QB)
Alex Brink (QB)
Marcel Shipp (RB)
Darius Walker (RB)
Jon Abbate (FB)
Darnell Jenkins (WR)
LeRon McCoy (WR)
Mark Simmons (WR)
Ryan Krause (TE)
Torrin Tucker (T)

Greg Eslinger (C)

Jesse Nading (DE)
Rosevelt Colvin (DE/LB)
Anthony Maddox (DT)
Gabe Long (DT)
Kevis Coley (LB)
Ben Moffitt (LB)
Jamar Fletcher (CB)
Dexter Wynn (CB)
Derrick Roberson (CB)
Glenn Earl (S)

3 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
素早いレスポンスと情報、有り難うございます。
予想していたとはいえ、Colvinは痛いですね。(戦力的にもキャップ的にも)
驚いたのは、Maddox, Flecher, Earl, それとColeyあたり。Maddoxは第4戦で大活躍しましたし、Flecher, Earlはキャンプでの好調が伝えられFaggins, Barberと格下と思われる選手がいたにも関わらずのカット、契約金等の影響があったのでしょうか?
QB, RBは予想通り!!!他のRBとはタイプが異なり、個人的にはBrownは気に入っているので、何とか戦力になってほしいのですが、、、

texamaniac さんのコメント...

Maddoxは、プレシーズン頑張っていましたが年齢的なこともあり、これからの成長が見込める若手にシフトしたのかもしれません。Okamはなんといってもサイズが魅力ですし、DelJuan Robinsonも、私はノーマークでしたがプレシーズンめきめきと進歩していたようです。
Fletcherはどうなのでしょう。特にランに対して弱いかなという印象はありますが。安定した働きをしてくれていると思いました。ウェーバーからより魅力的なCBを獲得できるとの算段かもしれません。
Earlも意外でした。同じタイプのSafetyが集まっているなか、去年の怪我等もあったので僅差で落選、というところでしょうか。優秀なSafetyだと思いますので、他チームに拾われる可能性が高いのではないかと思います。

To do さんのコメント...

To doです。
Flecherはカバーは良いもののRunに対してはからっきしで、とにかくtackleが弱いという問題点がありました。Texansは比較的ランディフェンスを重視しているようですから(だからこそのFagginsでしょう)、カットとなったのかもしれません。ただEarlをカットしてBarberをキープしたのはよくわかりません。若さと安さでしょうか???