2008年6月12日

2007 Offensive Statistics

昨季の攻撃スタッツ。

● 2007 Offensive Stats
Yds/GPts/GPass Yds/GPass TDs/GINTSCKRush Yds/GRush TDs
333.6 (14)23.7 (12T)234.4 (11)24 (12T)21 (28T)22 (6)99.1 (22)12 (16T)

弱点・改善点は明らかですね。ラン!当然首脳陣もしっかりと補強に走りました。
Alex Gibbs と新加入選手達により今季は間違いなく改善してくれるものと思います。
パスに関しては、去年は Andre Davis や Sage の頑張りもあり、大飛躍。
今季は Schaub、AJ が怪我なく一年通してくれることを祈ります。
特に Schaub は、先発二年目となる今季は勝負どころ。奮起が期待されます。
テキサンズファンでないと意外と思うかもしれませんが、被サックは実はリーグ6位だった昨季。
それでもスタッツには残らないQBプレッシャー等はありました。
今年は若い血も加わった新しいラインで、更に一頑張り。Schaub にゆっくり投げる時間を作って欲しいものです。

2 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
改めて見て、Passはかなり躍進していますね。Schaubに怪我がなければ、今年も大丈夫でしょう。Sackについては、Schaubは開幕より一環して早めに判断してのクイックリリースを心がけていたと思いますので、その影響もあるのかなと思います。OL強化によりじっくり見て投げるプレーも出てくるとさらによくなると思います。
RunはGibbs加入による”誰が走ってもRunはでる”という状況になればいいですね。Texamaniac様の評価はどうかわかりませんが、Green, Brownとも能力的にかなりのものと思っています。OLの成長を待つまでもなくやってくれると思います。

texamaniac さんのコメント...

仰るように、サック数減はSchaubのクイックリリースのおかげでもありますね。前QBのCarrにはできなかったことです。Green、Brownは私は実力は評価していますが、二人とも怪我の影響があってかつてのような瞬発力、爆発力は期待できないかなとも思っています。そこは若手とうまく補完し合えれば良いのですが。少なくとも去年よりは効果的なランが出せるはずと信じております。