2007年10月26日

ドラフト時間短縮

先日、オーナー会議での決定を経て、ドラフト時間を短縮することがリーグから発表しました。
1巡目にチームに与えられる時間は15分から10分間に制限。そして2巡目指名は10分から7分になりました。
NFLのドラフトと言えば、テレビの生中継やファンイベントをはじめ、かなりのビジネス規模になる一大イベント。
ただ、いかんせん時間が長い!
今年のドラフトにあたっては最長記録の6時間8分にも及んだことから、遂にリーグが対策に乗り出したものです。
思えば今年のドラフト、NFLネットワークやESPNのストリーミング等、インターネット中継を頑張ってLIVEで追っていました。
こちら日本は夜中。というか早朝。
1巡目の最後あたりで眠気に負けてしまいました。
時間短縮に伴い、来年からは2巡目最後まできっちり見ることができるでしょうか!?

2 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
今年よりドラフトの中継を見たのですが、緊張感たっぷりでとても面白かったです。ただ、有名選手達の指名が終わったあたりから間延び感が強くなりました(TexansがOkoyeを指名して満足したのもありますが)。そう言う意味では時間短縮と開始時間を送らせるのは、エンターテイメントとして更に改善でき良いと思います。
また、色々ありましたが今週末はSan diegoで予定通りのようです。勝って流れを変えてもらいたいところです。

texamaniac さんのコメント...

to do様、こんにちは。ドラフトかなり面白いですよね!まだだいぶ先ですが来年もネット中継に噛り付く予定です。時間短縮だけでなく、開始時刻も12時から15時にずれるようですね。日本にいると起きているのが辛そうなので、ドラフト前に仮眠かなと思っています。
San Diego開催は素晴らしいですね。あれだけの山火事からよく開催までこぎつけたと思います。SDは被災者のためにも、とモチベーション高そうですが、テキサンズの底力を見せ付けたいところです。