2009年2月3日

スーパーボウルXLIII結果

pit.gif O 27 - 23 Xari.gif

素晴らしい一戦でした。
奇遇にも昨年と同じ、残り35秒での、エンドゾーン隅への逆転TDパスが決勝点となりました。
勝ったのはPIT、SFとDALを引き離すリーグ最多6度目の戴冠です。
個人的にはARIを応援していたため若干残念ではありましたが、熱い試合を観ることができ満足しています。
Big Ben、J.Harrison。そして、K.Warner に L.Fitzgerald。両チームのスター選手達が、揃って活躍するような見どころ満載のゲームでした。
勝敗を分けたポイントを挙げるとすれば、DC Dick LeBeau の守備戦略の的中、そして QB Roethlisberger の成長、という2点が大きいのではないでしょうか。
4Qにまさかの2TD、一時逆転を許しましたが、ノーハドルを展開してようやく Warner-Fitzgerald のホットラインにリズムが出てくるまでは、終始PIT守備がARIオフェンスを圧倒していたイメージがあります。
事実、Fitzgerald ははじめの3Qではわずか1Rec/12Ydsという成績。
昨年NYGがNEの R.Moss に対してみせたように、スクリメッジで Fitz に当たってリズムを狂わす。その役をフィジカルに強い SS T.Polamalu が行うとともに、スピードのあるCBでのダブルカバーで完全に抑えていました。
ルート取りに時間がかかっている間に、変幻自在のブリッツはいつも通り強さを発揮。やはりARI OL陣では特に外からのスピードラッシュに対応できず、LT M.Gandy も3つのホールディング、1つのフォルス・スタートとやられ放題でした。
そして、試合の流れを大きくかえた前半終了最後のプレイ。
J.Harrison の歴史的なピック6ですが、パスカバーにまわったこと自体は Harrison 自身の瞬時の判断であり、LeBeau のコールしたプレイではなかったものの(プレイコール上は Harrison は RB T.Hightower をマークする役割だった)、咄嗟の判断力は積み重ねた練習と、よくコーチングされている証ではないかと思えます。
Big Ben も、スーパーボウルXLでは優勝しながらも 9/21、123Yds、0TD、2INT、22.6QBRate という散々な出来だったのが、今年は要所でビッグプレーを決めてみせ、特に最後は見事な2min.ドライブを落ち着いて展開して、大逆転勝利を呼び込みました。
ARI DLもよく頑張りプレッシャーを与えていましたが、スクランブルしつつ広い視野でレシーバーを探しパスを通す力には、改めて Roethlisberger の真価と技術力の高さを見たような気がします。(実はさほど高く評価していなかったのですが、このスーパーボウルを経て見直しました)
これで Big Ben は5年目にして早くも2回目の優勝。
HC Mike Tomlin も、史上最も若いスーパー制覇監督となりました。
まだプロボウルはありますが、これで08シーズンも終了。
来年は年明けにもテキサンズの話題を熱く語れるようになっていると良いのですが。。。
シーズンを通して、ご愛読ありがとうございました。
Da Bull Pen は引き続きテキサンズ情報を中心に、オフも可能な限りリーグニュースを追ってゆこうと思いますので、09シーズンもどうぞよろしくお願い致します!

4 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
昨年は巷でこそ注目度は高かったものの、個人的にはがっかりに近い組み合わせだったのですが、今年は比較的好きなチーム (ARI)が残っていて、楽しみでした。内容的には緊迫したとても面白い試合でした (Texamaniac様と同じくARIが負けたのは残念でしたが)。ARIのオフェンス対PITのディフェンスは見応えがありました。Fitzgeraldをデコイに使って、Boldin, TE, RBそしてスクリーンとパスをつなぐものの、取らせて止めるPITディフェンス陣には好都合で、前半はPIT ディフェンスの試合でしたが、ハーフタイムできっちりアジャストし3WRのショットガンに切り替えてると、FitzgeraldにSS and CBのダブルチームをつけることが出来なくなり、ARIの爆発的な攻撃につながりました。両チームのコーチ陣の分析と戦術には本当に脱帽です。来年以降Texansもあのくらいのことが出来ると良いなと思いました。
唯一残念だったのは最後のプレー。Warnerのfumbleとされましたが、pass imcompleteでも良かったような感じでした。判定そのものは覆らなかったかもしれませんが、せめてreviewすべきだったのではないでしょうか。個人的には今回の主審は判定にぶれがあるような気がしてあまり好きではなかったので(あくまで個人的感情です。実際にはそんなことはないと思いますが・・・)、ますますそう感じました。
今シーズンも終了、Texamaniac様本当にお疲れ様でした。そしていつも有り難うございました。来年こそ1月にもTexansの試合結果を確認したいです。来シーズンに向けてこれからもよろしくお願い致します。(とは言ってもすぐにスカウティングコンバイン、FA戦線と休む暇もありませんが)もし機会があるようでしたらぜひReliant Stadiumにご一緒したいですね。

To do さんのコメント...

To doです。
昨年は巷でこそ注目度は高かったものの、個人的にはがっかりに近い組み合わせだったのですが、今年は比較的好きなチーム (ARI)が残っていて、楽しみでした。内容的には緊迫したとても面白い試合でした (Texamaniac様と同じくARIが負けたのは残念でしたが)。ARIのオフェンス対PITのディフェンスは見応えがありました。Fitzgeraldをデコイに使って、Boldin, TE, RBそしてスクリーンとパスをつなぐものの、取らせて止めるPITディフェンス陣には好都合で、前半はPIT ディフェンスの試合でしたが、ハーフタイムできっちりアジャストし3WRのショットガンに切り替えてると、FitzgeraldにSS and CBのダブルチームをつけることが出来なくなり、ARIの爆発的な攻撃につながりました。両チームのコーチ陣の分析と戦術には本当に脱帽です。来年以降Texansもあのくらいのことが出来ると良いなと思いました。
唯一残念だったのは最後のプレー。Warnerのfumbleとされましたが、pass imcompleteでも良かったような感じでした。判定そのものは覆らなかったかもしれませんが、せめてreviewすべきだったのではないでしょうか。個人的には今回の主審は判定にぶれがあるような気がしてあまり好きではなかったので(あくまで個人的感情です。実際にはそんなことはないと思いますが・・・)、ますますそう感じました。
今シーズンも終了、Texamaniac様本当にお疲れ様でした。そしていつも有り難うございました。来年こそ1月にもTexansの試合結果を確認したいです。来シーズンに向けてこれからもよろしくお願い致します。(とは言ってもすぐにスカウティングコンバイン、FA戦線と休む暇もありませんが)もし機会があるようでしたらぜひReliant Stadiumにご一緒したいですね。

クロポトキン さんのコメント...

ARIを応援していただけにちょっと残念ですけど、良い試合でしたね。

ARIはよく戦ったと思いますが、FitzgeraldへのTDパスの瞬間時間を残しすぎたなと感じました。やはりランが出ないとこういう展開が多くなってしまいますね。時間を潰しつつ、頑張ってセーフティまで記録したDL、LBを休ませることができなかったことが勝負を分けたかなと思います。2分できっちりTDドライブを演出したビッグベンとHolmesを褒めるべきでしょうが、同じくパスハッピーオフェンスなテキサンズのファンとしてはそこに目がいってしまいます。

texamaniacさま一年間お疲れ様でした。今シーズンはもうすぐ終わりますが、NFLのもうひとつの楽しい季節の始まりです。ということでオフも何卒よろしくお願いします。

texamaniac さんのコメント...

to doさん、クロポトキンさん、いつもコメントありがとうございます。
いやあ、本当に素晴らしい試合で。未だ興奮冷めやらずという感じです。
負けはしましたがARIのオフェンス、観ていてかなり楽しい攻撃を展開しますね。互いに化け物レシーバーがいる点でも、なんだかテキサンズとダブって見えます。が、そんなARIがこのポストシーズン大躍進できたのは、やはりディフェンスのステップアップが大きいのではないかと思います。特にフロント7。Big Benには逃げられましたが、相手QBによくプレッシャーを与えて、結果TOも量産できたように思います。プレイコールも秀逸で。是非とも来季参考にしたいところですね。
to doさん、クロポトキンさんも、オフも、来季も、またどうぞよろしくお願い致します!