2009年2月11日

Green×2解雇

予想していた動きではありますが。
RB Ahman Green と OLB Morlon Greenwood が解雇されました。
FAとしてテキサンズに移籍した両ベテランですが、Slaton や Adibi という若手の台頭に昨季はプレイ時間を奪われ、サラリーが高いこともあってリリースの運びとなりました。
テキサンズのランオフェンスの救世主として期待され、07年に合流した Green は、2年間でわずか14試合の出場にとどまり、いずれのシーズンもIRで終わるという残念な結果。テキサンとしての通算成績は、554Yds、5TDでした。
Greenwood は05年にテキサンズ入り。
MIAに在籍していた04年から07年まで、100+タックルを毎シーズン記録し、一流とは言えないものの、スタメンOLBとして安定した活躍をしてくれました。
しかし、昨季後半から怪我に悩まされ、Adibi に追いやられる形でこの度退団。
二人のリリースにより、テキサンズは$8.8Mのキャップスペースを確保できたことになります。
このお金で、今オフ、Dunta との延長契約をしっかりまとめたいものです。

3 件のコメント:

クロポトキン さんのコメント...

二人は2009年もキャップヒットも大きいですし、それに見合う活躍が期待できないということですね。

GreenはFOにとっても誤算だったでしょうけど、それまでの怪我を見ていると当初から不安でしたよね。確かに試合に出れば結果を残したし、ゾーンブロックにも合っていたと思います。ただRBとしての耐性が既になかったですね。

Greenwoodは怪我のせいもあると思いますが、WLBとして決定的にスピードが足りなかったように思います。Adibiが先発するようになって更に浮き彫りになった気がします。もともと前DCのお気に入りだったのでDCが替わった段階でこうなる運命でしたかね。

次はWeaverですかね。

To do さんのコメント...

To doです。
キャップヒットも大きいし、働きも今一、この二人の解雇はある意味さもありなんという感じでしょう。
Greenは個人的には結構好きで、試合に出られればそれなりに仕事はしていたものの、やはり怪我がすべて。GB時代から怪我がちでGBも引き留めなかったので初めから織り込み済みとは思いますが、それにしてもあんまりでした。
Greenwoodは明らかにスピード不足。タックルこそ多いもののパスカバー、パスラッシュともに今二つ・・・Adibiの目処が立ったので解雇と言うところですね。
Duntaと契約しドラフトで他ポジションの補強を進めるための解雇ですから、多少の大盤振る舞いでも良いでしょう。何としてもDuntaと再契約を!!
実を言いますと、私が持っている赤ジャージがDemeco、これは良いとして、白がOkoye(彼は大丈夫ですよね??)とGreen、ネイビーがMoulds・・・(二人とも好きでしたし、安売りしてたんです)まさにとほほです。

texamaniac さんのコメント...

Green、Greenwood放出は納得できるところですが、デプス不足が心配ですね。特にRB。オフにしっかり補強できると良いですが。そういえば Chris Brown はまだロースターにはいるのでしょうか??Weaverも、金額に見合った活躍はできていないですね。ただそれでも未だカットできず、使い続けなければいけないところが悲しいところです。
to doさん、Mouldsとは懐かしい。かえってレアなジャージですね!