2008年12月4日

ドーピング

ロングスナッパーの Bryan Pittman がNFLのステロイドポリシーに違反したとして4試合の出場停止処分となりました。
ほか、同様に出場停止となったのはNOの Deuce McAllister、Charles Grant、Will Smith と MIN の Kevin Williams、Pat Williams の5選手。
いずれも故意にドーピングしたわけでなく、ダイエット用減量サプリ等の摂取により禁止薬物に引っかかってしまったもようです。
禁止薬物違反自体が発覚したのは暫く前のことで、テキサンズは Pittman の出場停止処分を見越して、既に先月かわりのロングスナッパーとして Clark Harris を practice squad に招へい。
週末までにアクティブロースター入りが濃厚です。
JAC戦でもFG時のミスがあったり、今年の Pittman はいまいち不調。
残り試合出場がかなわなくとも、正直テキサンズへの打撃はさほど大きくないかなと思います。
一方、NOとMINはいずれもNFCでプレイオフ争いまっただ中。
今回の処分が大勢にどう影響するか、要注目です。


2 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
ドーピングとはいえ、サプリの服用によるもので、かつ内容物に記載がなかったことから、意図的でないと思われ、ミネソタなどでは裁判になっています。Texansへの影響は大きくないと思いますが、もうひともめありそうですね。
個人的にはPittmanも帰ってくるし、MINに突っ走ってもらい、最終戦のCHIを楽にしたいというのもありますので、処分解消が望ましいでしょうか。

texamaniac さんのコメント...

仰る通りもめているようですね。MINは"Williams Wall"がいないと別チームなので今かなりドキドキしていることと思います。