2008年11月4日

WK9 結果 @MIN

min.gifLOSS : 21 - 28

本日をもって、Houston Texans は Houston Turnovers へ改名します。
CIN戦でようやくゼロターンオーバーと喜んだのも束の間。この試合、2INT/1FUMと逆戻りしてしまいました。
敵地メトロドームでの3T.O、しかもうち2つはレッドゾーン内でのロス。これでは勝てるものも勝てません。

そして更なる不安が。
ホーム3戦で絶好調、Turnovers のパスオフェンスもようやく開花したと思われた矢先、Schaub が(またもや)怪我。
第1Q、2Qと Jared Allen のタックルを受けた時に負ったもので、月曜のMRI検査で左膝の
内側側副靱帯損傷と診断されました。
全治4週間程と考えられていますが、復帰日は未定です。
※昨年、AJは同じMCLの怪我で7試合欠場を余儀なくされました。
Sage がいるとは言え、パス攻撃、上向いていただけに振り出しに戻るような怪我で残念で仕方ありません。
それにしても、先週 Sage の話題を出して、よもやこの試合で出番があるとは思ってもいませんでした…。
Sage が Schaub のリリーフで出てきたのはこれで3度目。先発となると、去年 Schaub は5試合に欠場、今季も既に体調不良で1試合欠場。
QB交代論がようやく落ち着いてきたところですが、あまりに怪我が多い Schaub。このままでは交代論どころか、Schaub、Sage にかわりドラフトでQBを、という声があがらないとも限りません。

守備では、相変わらずビッグプレーを許してしまいました。2週間の準備期間があっただけに、
徹底した Reeves 狙いのMINゲームプランが優れていたのも事実ですが、ここぞというところで前進を許したのが今年の守備の弱さです。
A.D.もはじめこそよく抑えてはいましたが、疲れたのか後半 21、22、20、40Ydsのランを許し、結局 25Att/139Yds/1TD と大暴れされてしまいました。
デッドゾーンでの弱さも相変わらず。最終ドライブでのニールダウンを除くと、2/2、100%の被TD率。先が思いやられます。

絶対優位と思われたリターンゲームでも完封される始末。
得点差以上に完敗の印象が強いゲーム。残念ながらこれが今季のチームの限界かな、とちょっと後ろむきになってしまった一戦でした。

[ Turnovers ] 21
Total Net Yards : 389
Penalties-Yards : 5-35
Time of Possesion : 32:22
Total Turnovers : 3

[ MIN ] 28
Total Net Yards : 345
Penalties-Yards : 3-20
Time of Posession : 27:38
Total Turnovers : 1

3 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
私も、かなりがっくりしております。
まず、Schaubの怪我。2-4Wとのことですが、側副靱帯の怪我ですし、こればっかりは何とも言えませんね(治ったと思っても結構痛いんですよ by 経験者)。画像で見てみると、完全に投げ終わった後、Allenに足へのタックルを受け、グニャッとあり得ない方向へ曲がっています。(個人的には明らかなラッフィングザパサーだと思います。NFLには抗議しているようですが、それで怪我が治るわけでも試合結果がひっくり返るわけではないのですが、ちょっとAllenは許せませんね)もっとひどい状態も覚悟していたので、損傷程度でまだ良かったというのが正直なところです。その後のINT, Fumble, Sackは良くはないですが、仕方がないという気持ちもあります。とにかく早く帰ってきてください。
代わったSageですが、最初のドライブこそ良かったですが、レッドゾーン・3rd. and 1からのINT、最後のパスも投げず連続Sack、無駄なtime out(あれがなければ、上記3rd. and 1でtime outも取れていました)と、どうなのよと思わせる部分も多かったです。Texamaniac様が前回取り上げてくれました、Sageに期待しなくてはいけない状況に・・・何と言って良いやらです。
Reevesはひどいですね。ことごとくやられています。INTの場面ももしとられていたらビッグゲインでした。ランディフェンスを含め、その他は結構頑張っていましたが、上記INTで切れてしまった感じですね。そこからはA.D.を止められなくなりましたし、ディフェンスの迫力が無くなりました。
結果一度もリードを奪えず、完敗です。
Play offボーダーはあまり高くなりそうにないので、まだ望みはありますが、黄色信号ですね。奮起を期待します。

クロポトキン さんのコメント...

Reevesはレシーバーとのよーいドンではほとんどパスを通されますね。あれなら相手はReeves側に長いボールを放るだけでロングゲインできます。対面と対峙する形であればよいカバレッジをするReeves、やっぱりニッケル向きなのかなと思います。

ADはよく止めていたと思います。特にFergusonのランサポートは素晴らしかったと思います。残念ながらSageのINT以降D#が切れてしまったようですが。

Allenは確かにSchaubの膝を狙っていたように見えます。ただ、それもSchaubのひ弱さを見越してのことだと考えると本人に責任がないとはいえません。Schaubはシーズン終了後、肉体改造でも何でもして少々のことでは欠場しない体を作ってほしいと思います。極論ですが、エースQBである以上、全試合先発は必須だと思います。

SchaubのためにはラッシュのきついDL相手にミドルゾーンを狙うよりは3ステップのタイミングパスを多めにコールしてあげるべきだったかなと思います。プレイコールにもう少しパスラッシュの出足を止めるための工夫がほしかったです。

texamaniac さんのコメント...

Reevesは確かにひどいですね。INTを奪ったパスは、見る限りゾーン守備だったので裏を通されたとしても仕方ないかなというのはありますが。相変わらずボールの方を向いてプレーができません。もっともそれが出来ていたら、スピードがあるだけにDALが手放すこともなかったでしょうが。ちょっと払い過ぎたのが残念です。Bennettにもっと出番をあげてほしいのですが…。
Allenのは明らかにチープショットだと思います。リーグに抗議申し立てをしたので、恐らく罰金ということになるとは思いますが。それでもSchaubは正QBとしては怪我が多すぎます。
次戦はホームとはいえ、より穴の少ないBAL。かなり不安です…。