2008年7月13日

No.4 ドタバタ劇

復帰の可能性が全くないとは思っていませんでしたが、まさかこうも早く撤回するとは思いませんでした。4ヶ月前の引退会見は一体・・・。
選手が引退を取り消して復帰することはどの種目でもままあることなので、復帰宣言自体は別に良いと思います(まああまり格好良いものではないけど)が、FavreとGBとの関係が泥沼化しつつあるのがとても残念です。
慰留を続けてきたGB首脳陣、でも頑なに断り引退を決意したFarve。
ようやくGBがAaron Rogers主体の新チーム体制へと舵を切り出した途端、復帰を言い出したFarve。
プレイできないなら放出しろと迫るFarveとチーム間の会話は平行線のようです。
QBを欲しているMINやCHIなど同地区のライバルチームへの移籍もあるかも、なんて一部で騒がれていますが果たしてどうなることでしょうか・・・。
Farveが違うユニフォーム姿だったら、しかもライバルチームの大黒柱として Lambeau Field に戻ってきたら尚更のこと、かなりの違和感でしょうね・・・。
まるで Hakeem Olajuwon が Raptors のユニフォームを着たときのような。
※NBA話ですみません、個人的に当時衝撃的だったもので

2 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
全く同感です。
引き際をわきまえず、ずるずると現役を続ける選手多いですよね。
プロレスでもやりたいの?とトレーニングの方向性を失ったとしか思えない在阪弱小球団のあの人
日本で通用しなくなり最後の夢とメジャーに挑戦し、見事その夢を叶えたが怪我で離脱、今度こそ引退と思ったがもう一年と挑戦し見事に散ったPITの某投手
高校の頃から世界大会で活躍し、何度も金メダルを取り、予選大会で敗れながら過去の実績だけでまだまだオリンピックに出たがる○わらちゃん
個人的にはあまり好きではありません。
あの感動と栄光をもう一度と思う気持ちはわからないではありませんが、見ていて失望こそすれ評価があがるなんて事はないものです。
ましてやFavreは彼らとは違い、昨年まだまだやれるというすばらしい成績を残しながら気力が尽きたと引退を宣言し、皆に惜しまれながらNFLを離れた選手です。復帰してもおそらくやれるでしょうが、昨年以上は望めないでしょうし、ファンもスターターでない或はGB以外のジャージを着るFavreなんか見たくないでしょう。
すいませんつい熱くなってしまいました。ファンというほどではありませんでしたが比較的好きな選手で、彼の引き際があまりに突然、そしてあまりに見事で、彼を高く評価していただけに残念です。たとえ今回翻意して引退したとしても評価は下がるのみでしょうね、、、

texamaniac さんのコメント...

わかります。自分のキャリアなので、本人がやりたいのであればその意志を貫くこと自体は私は批判するつもりはありませんが、こんなにも早く撤回するなら、そもそも引退なんて口に出さなければいいのにとは思います。
GBは放出の予定はないけど、Rogersのバックアップとして迎え入れる姿勢を見せているようです。同地区への移籍は防ぎたい一心での苦肉の策でしょうか。