2007年11月27日

TO

成長の片鱗はみせるものの、いまひとつ乗り切れないテキサンズ。
その原因は明らかです。TURNOVERS。

これまで11試合で、
被TO 29個 - 108失点
奪TO 20個 - 46点

うち勝利した5試合では 
被TO 8 (1.6 Avg)
奪TO 14 (2.8 Avg)

負けた6試合では
被TO 21 (3.5 Avg)
奪TO 6 (1.0 Avg)

要改善!!!

2 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
全くもって同感です。
昨年との違いといえば、昨年はQB(誰とは言いませんが)が持ちすぎた後sackを食らってのFumbleが目立っていましたが、今年はレシーバー陣のfumbleや明らかにレシーバーが原因のINTが多いように思います。特にDaniels、キャッチに優れた能力のあるTEだと思いますし、判定に泣かされた部分が多いとは思いますが、今年は特にここ一番でのFumbleが目立つ様に思います。そのためかレッドゾーンでのターゲットのしてもらえず、TD数は去年より激減しています。去年と同等かそれ以上にpass OFを引っ張っているのは確かなのですが、大好きな選手だけに、苦言を呈したいです。今後の更なる飛躍に期待しています。

texamaniac さんのコメント...

FUMは本当に痛いですが、経験を積めばいずれも解消できるものと思っています。かつてTiki BarberはFUM癖を克服しましたし。これからの頑張りに期待ですね!