2007年11月12日

パワーバランス

NFLの2つのカンファレンスのうち、AFCの優位説が言われはじめてから暫く経ちます。
面白いもので、同じような2リーグ制をとっているMLBでもアメリカンリーグ、NBAではウェスタンカンファレンスがここ最近は強いと言われ、リーグ間でのパワーバランスが崩れているとされています。
NFLでは、過去にはSFとDAL黄金時代に代表されるようにNFCが優位とされていたのが(事実85年の19回スーパーボウルから13年間はNFCが連続優勝)、その後、DENの連覇や、現在のNEの台頭とAFCへのパワーシフトが言われております。スーパーボウルでは04年より4年連続AFCのチームが優勝中です。
そして今年。客観的に戦力分析するとやはりNEが頭一つ抜け出しており、順当にゆけば優勝、AFC優位という図式になりそうです。
が、今年は気のせいかやたらとNFCの話題を多く耳にする気がするのです。
スーパーボウルを制して以来の最高のスタートを切ったDALと、同じく1敗で地区首位を走るGB。それに驚きのDETの頑張りなど。
そして何より。AFCとNFCの直接対決がWK10現在、20勝20敗とイーブンの成績となっています。
※自分で数えたので間違いがあったらすみません。が間違っていたとしても近い数字であることは確かです。
まあNFLファンとしてはどちらが強いとか弱いとか実は普段あまり気にならないのですが、ここ最近ワンサイドな試合になりがちなので、どのチームが出てくるにせよ、2月には久しぶりにしびれるような接戦のスーパーボウルを期待したいです。

2 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
今のNFCの状況だと、DAL, GB, NYGあたりがSB候補ですね。今年はPhoenixでHouから近いので、Texansはコンディション的にも有利でしょう。(まだSBへ行けると信じています)

texamaniac さんのコメント...

DALとGBは強いですね!直接対決が楽しみです。ちなみにシーズン開幕前の自分の予想では、GBは6勝10敗・・・。さすがに甘く見すぎていました。でもここまで強いとは誰も思っていなかったはず!Favre自身も正直驚いているというようなコメントをしていました。