2009年1月7日

'08シーズン通信簿

プレイオフ真っ盛りですが、出場を逃したテキサンズとしては来季に向けての準備を粛々と進めるしかありません。
まずは、今季の反省点から。勝手にチームの評価をしました。
※AからFまでの6段階評価

● オフェンス

QB : C
266.7Yds/Gでリーグ4位のパスオフェンスを牽引したのは高く評価できます。QBのスタッツとしては、Yds/Attが Schaub が8.0Yds、Sage が8.2Ydsという数字もかなり立派です。20Yds+のパスが60個で66個のNOに次いでリーグ2位、40Yds+のパスが12個でリーグ4位というところからも、ビッグプレー能力の高さが現れています。
が、問題はターンオーバー。Schaub は10INTに4FumLost。Sage は同じく10INTに2FumLost。チーム全体の32TOのうち、8割以上に相当する26個を二人が喫しています。来季に向けての大きな課題点です。
Schaub は、怪我・病気による欠場も抑えたいところです。

RB : B
ルーキーセンセーション Slaton の頑張りで、評価Bです。最終的に新人最多ラッシュYdsを獲得した Slaton、チームの新人RB記録も立て続けに更新し、まさに大車輪の活躍でした。スタッツに現れないところで、大学までろくにやっていなかったパスプロテクションでも意外な頑張りを見せ、適応力の高さを見せつけました。99.1Yds/Gでリーグ22位だったランオフェンスが、115.4Yds、リーグ13位と躍進しました。
課題はデプス。バックアップRBを補強して、Domanick Williams の二の舞は避けないといけません。

WR/TE : A
今やチームの最大の武器がレシーバー陣。やはりなんと言ってもAJ。リーグの名立たるレシーバー達を差し置いて、115Rec、1,575Ydsで見事二冠達成。リーグ最高WRは疑いようもありません。
ダブル1000Ydsレシーバーの誕生はなりませんでしたが、TE Owens、WR Walter ともに800Yds越えも立派。特に Walter は目覚ましい進歩で、15.0Yds/Avgに、AJと並ぶ8TDはリーグ9位の成績です。

O-Line : B
ちょっと甘い評価かもしれませんが、リーグ3位のハイパーオフェンスを影で支え続けたのがこのOL。新人 Brown の先発をはじめ、ラインの入れ替えもあり、Gibbs スキームの導入も初年ということもあり、開幕当初はドタバタ感が否めませんでしたが、試合を経ることに良くなってきました。被サックは22から32に増えたものの、及第点。来季は更に向上が期待できます。Brown もまずまずの活躍で、何より今オフはOLの補強を気にしなくて良くなったのが嬉しい限りです。

● ディフェンス

D-Line : F
わずか25サックのうち、約半分の12サックが Mario 一人によるもの。パスラッシュは例年通りひどい状態です。間違いなく今オフ最大の補強点になるかと思います。
DT陣、特に今季躍進が期待された Amobi の不発はかなり残念でした。二年目のジンクスにやられたのだと信じて、来季こそは活躍してくれることを祈ります。
救いは、Bulman や DelJuan といった新しい人材が育ち始めていること。

LB : D
ミスタックルやポジション取りの悪さが目立ったシーズン序盤でしたが、徐々に良くはなりました。
怪我にも悩まされた一年でした。DeMeco はシーズンを通して本調子でなかったようですし、試合毎に成長が見られた Diles もシーズン半ばで倒れたのが残念でした。終盤出場機会を得た Adibi も良い活躍を見せていましたし、デプスは薄いが人材は揃いつつあるとは思います。若手が活躍しており、LBコーチの Johnny Holland は良い働きをしていそう。あとはもう一人、OLBにビッグプレーメーカーが欲しいところです。

DB : D
ワイルドカードゲームで、BALの Ed Reed は Pick 6 を含む2INTを記録しました。今季17試合のうち、5回目の2INT試合です。一方でテキサンズは、チーム全体として2つ以上のINTを記録した試合はわずか2回のみ。どころか、約半分の7試合では1INTすら奪うことができませんでした。QBにプレッシャーを与えられていないことがINTの少なさに繋がっていることもあると思いますが、それにしても情けない数字です。Reed のような人材がすぐ見つかるわけはありませんが、ターンオーバーを奪える選手が必要です。特に Safety。CB陣では、なんとしても Dunta 契約延長して、来季以降の柱を確保することが最優先事項です。Reeves は、オフの間にボールを見つける練習を積んでほしい。それが出来れば良い選手になれるのに・・・。

● スペシャルチーム : C
終盤ややミスがあったものの、Kris Brown の安定感は相変わらず。レッドゾーンオフェンスが悪かったテキサンズにとって貴重な得点源となりました。ある程度進めれば3点は確実、という安心材料があることは、きっと精神的にQBはじめオフェンス陣を楽にしていることと思います。リターンゲームは、Jacoby に冷や冷やさせられっぱなし。ビッグゲインは魅力ですが、もう少し安心して見れるようになりたい。カバーチームはまあ平均的か。Molden が頑張ってくれましたが、来季は彼にはカバーチームではなく、CB争いに加わって欲しい。

● コーチ : C
ボロボロの開幕からよく立て直したと思います。0-4後の5戦目対MIAでの、勝利を決めた Schaub のQBドロー。あのプレイコールがなく、もし負けていたとしたら。恐らく最悪のシーズンに終わっていたと思います。山あり谷ありで、最終的にはプレイオフ進出もできず残念でしたが、チーム初の4連勝も記録。苛酷な敵地(GB)戦で勝てることも証明し、弱い相手だけでなく強いチーム(TEN)ともやり合えることも証明してくれました。そして忘れてならない、Richard Smith をはじめとするコーチ陣の解雇。迅速な決断で、来季への意気込みが高く感じられます。まあ来季の出来如何で、今度は自分のクビも危ういというのがあるかもしれませんが・・・。もう一年、Kubiak 体制を見守ろうと思います。




3 件のコメント:

To do さんのコメント...

To doです。
全般的にはほぼ同感です。
QB: B, RB: B, WR/TE: A, OL: C
Schaubは良くやったのではないでしょうか。怪我もありましたが、late tackleによるもので、昨年とは違いきっちり帰ってきました。その後のパフォーマンスは別人かと思う程です。ご指摘の通りINTとFumbleを減らせば、一流QB入りは間違いないでしょう。
Slatonの成長でRBはB評価ですが、その他に怪我が多すぎ!また、Slatonも確実性には欠ける部分があります。一応Brownが戻ってきますが、補強もあるかもですね。
WR/TE陣は申し分なし。Walter、けなしてばかりで済みませんでした。反省します
OLは来期以降の更なる成長に期待して辛口評価。しかしオフェンスの好成績を引っ張ったのは間違いなく彼らでしょう。後半ではBrownの好ブロックも注目されていましたし。
DL: D, LB: D, DB: E
Okoye, DeMeco, Diles, Dunta, C.C. Brown等いずれのポジションも怪我の影響が大きかったです。積極的に補強し新DCのもと心機一転ですね。
ST: E, Coach: C
Davisらの怪我もありますが、去年に比べリターンチーム・カバーチームとも冴えがありません。(カバーチームなどMoldenにたよりっぱなし)
オフェンスを押し上げたコーチの功績は大きいですが、クロックマネージメントやハーフタイムアジャストメント、チャレンジ等不満は一杯です。ShanahanにコールさせることでKub.の仕事が減り、ここらあたりも改善すれば・・・と期待しています。
個人的な補強希望はS (FS or SS いずれでもカバー能力とボールへの嗅覚、タックルに優れた選手、Reed・Polamalu・Hamlinみたいな), OLB (カバー能力の高い選手), DE(それこそパスラッシュ専門で良いです。というか2-3巡ならそれ以外に期待するのは・・・), RB(サイズと瞬発力のある選手)あたりです。如何でしょう?
ROYでルーキーリーディングラッシャーのSlatonには1票ももありませんでした。かなり不満です。

クロポトキン さんのコメント...

texamaniacさんにほぼ同感です。OLだけはCで良いかなという気がします。ランがそれなりに出たのは両G(あとBrownも良かった)のおかげという気がします。それに対してショートヤードがほしいシチュエーションで取れないというシーンを多く見かけました。これはMyersのパワー不足が原因かなと思います。ギャンブルのQBスニークで取れないなんてのもあったかな(一昨年?)?

こうしてみると補強すべきところははっきりしていますね。特にS、DEのドラフト指名は必須。モックでも1巡がSてのが多いですよね。LBに関しては来期期待大だと思います。Adibiがシーズン通して健康ならいいユニットになると思います。DLの不出来で割を食ったのもLBだったかなと。

texamaniac さんのコメント...

Walterについては開幕前にto doさんと一緒に叩いていました(苦笑)。私も反省します。来季は、1000Ydsコンビ、いや、Danielsもいれて1000Ydsトリプレッツといきたいですね。
OLはシーズン後半にかけ良くなっていった印象があります。来季更にブラッシュアップされると思います。クロポトキンさんが仰るように、Myersの力不足、特に3-4守備相手の脆さが気になります。あとデプスももう少し欲しいところです。まあデプスはOLに限ったことではないですが・・・。